--/--/--.--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
スポンサー広告
2009/04/22.Wed

清水由貴子が自殺


タレントの清水由貴子さん(49)が、静岡県駿東郡小山町の冨士霊園で遺体で見つかった。
硫化水素をかぶったとみられ、遺書もあったことから御殿場署は自殺と断定。
そばには母親(77)も倒れていたが、命に別条はない。
母親は長年、精神障害を患っており、清水さんは介護を苦にしていたとの証言もある。

冨士霊園には清水さんが8歳の時に他界した父親の墓がある。
5年ほど前に「富士山の見えるところにしてあげたい」と建て直したものだ。

清水さんは21日その墓石の前で倒れているところを発見された。
頭の下には洗面器の入ったポリ袋があり、硫化水素が検出。
袋には、複数の液体洗剤などが入っており、自宅から持ち出した洗面器で硫化水素を発生させ、頭からかぶったとみられる。

手書きの遺書のような紙も持っていた。「消防に通報してください。ご迷惑をおかけします」「東京で葬儀をあげないでください」などと書かれていた。

倒れた清水さんのそばで車いすに座っていた母親は発見時、衰弱して意識を失っていた。
すぐに病院に搬送され、命に別条はないという。
硫化水素の中毒症状もなく、母親を巻きこんだ無理心中の形跡はないという。

76年に日本テレビ「スター誕生!」の決戦大会でピンク・レディーを上回る獲得プラカードが上がり、翌77年に鳴り物入りで歌手デビュー。
80年代には、ヤクルトのCMで“肝っ玉母さん”を演じ、茶の間に愛された。
明るいキャラクターからは想像もつかない苦労人。
デビュー3年目に突然、心の病になった母親と妹の面倒を1人でみてきた。
母親の入院費と妹を育ててくれている伯母への仕送りのために働き続け、10数年前に一家3人で住む夢を実現。
その後は順調にみえたが、06年に所属事務所に休業と契約打ち切りを申し出た。
理由は、心の病に糖尿病と腎臓病も患っていた母親の介護。「かなり疲れていたようで、“とてもお客さまの前にいい顔をお見せできない”と話していた」という。 (→Yahoo!)

20090422.jpg
清水由貴子・・・ダレだろう。。と思ったけど、お顔を見たらスグ分かった電気
元気で明るくてチャキチャキしたおばちゃんのイメージがあったから、そんな苦労してるとはねぇ・・・

これからの高齢化社会の日本、介護する人がものすごく増えていくわけだよね。
介護する相手が自分の親となれば、人任せにしたり、助けてもらうことが出来ないっていう人もいるんだろうなぁ~
ぷうこやもっと若い世代の人は、まだ親が元気だからあまりリアルに想像できないけれど、いつそういう状態になるか分からないんだよねため息
客観的にみれば、自分が壊れてしまうほど介護くらいなら、もっと人に頼ったり助けてもらってもいいのに・・・と思うけど、実際自分が介護する身になったら、他の人に相談できずに思いつめてしまうのかもしれないね涙

なんとか介護負担を軽く出来るような方法はないんだろうかsc04

ご冥福をお祈りいたします。




お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
訃報 | Comments(0) | Trackback(1)
Comment

管理者のみに表示
Trackback
清水由貴子さん清水由貴子さんの関連語:ニュース 介護 元タレント 死亡 霊園 女性 タレント 21日 硫化水素自殺 静岡県.(続きを読む) 清水由貴子さん・・・清水由貴子さんの訃報を聞いて驚きました。 清水さんと言えば・・・約2年前・・・ U→TAが、ローカルTV局山梨放...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。