--/--/--.--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
スポンサー広告
2005/06/16.Thu

窪塚洋介スタントなしで撮影


俳優の窪塚洋介(26)が山梨県南都留郡内で、主演映画「同じ月を見ている」(監督深作健太)のクライマックスシーンの撮影に臨んだ。
自宅マンションから転落し、重傷を負った事故から丸1年が経過。現在も金属のボルトで骨を補強しているという。走ると痛みを感じることがあるそうだが、撮影中は深作健太監督(32)が「彼が走れないことを忘れていた」と驚くほどだった。
炎の中への危険なアクションシーンも、スタントを使わず自らこなす熱の入れようで「1回死んだ気でやってますから」と笑顔を見せる余裕もあった。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2005/06/16/05.html
20050616201453.jpgなんだか、事故前に比べて本物の俳優っぽくなった気がする。
以前は言動が理解されにくくて、ベランダから落ちたのも薬のせいだとか言われて納得できるようなキャラだったけど、常識的になったというかプロな感じがするし、顔も凛としたよね?
前より、窪塚イイ!という声も多いようで、これからの活躍に期待だね。
心配かけた家族や奥さん、子供のためにも頑張って欲しい♪




お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
TV・映画・CM | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
事故前は惹かれるんだけど、手の届かない俳優としてみてました。今は神から人間になったくらいの違いを感じてます。まあ、彼の心をのぞいてしまったんだなあ。 だから。。私は奥さん、子供のためにも頑張れとまでかわいそうで言えないんよ。
コメントありがとうございます。
>神から人間になったくらいの違い
なるほど~そうかもしれませんね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。